« 明るい未来のために | トップページ | 南部の海岸 »

2008年3月14日 (金)

スピーチをされるナンダラタナさん

集ってくれた僧侶たちの前でスピーチをしているナンダラタナさんです。
これは、ピリッタが終わって、これから朝の食事をする時のようです。
スリランカのお坊さんはパーティモッカという規律に従って生活をしています。
食事に関しては、非時食戒というのがあって、水やジュース、お砂糖のようなものは、何時食べてもよい事になっていますが、嚼食は午前中にしか食べられません。
まあ、午後はお経を読んだり、座禅をしたり、勉強をしたりと、あまり身体を動かす事もありませんから、ちょうどいいのかもしれません。
しかし、ナンダラタナさん、ちょっとメタボっぽいですね。十分注意してください。

Set5dsc00307_2

ちなみにこのお坊さんの前にある葉っぱ。これはパーンという噛みタバコです。葉っぱに石のようなものやいろいろなものを入れてくちゃくちゃすると真っ赤な汁が出て来ます。渋いような苦いような、おいしくもありません。そしてこの赤い汁をどこかしこにペッと吐き出します。あまり見ていてきれいではありませんが、お坊さん達もよくこの噛みタバコを好んでいるようです。
古い経典にもこの噛みタバコについての話が出ていましたが、やはり規制されてはいかなったようです。
ちなみに身体にはよくありません。
Set6dsc00320

|

« 明るい未来のために | トップページ | 南部の海岸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/532240/11308662

この記事へのトラックバック一覧です: スピーチをされるナンダラタナさん:

« 明るい未来のために | トップページ | 南部の海岸 »